日本にカジノを建設するメリットは?やはり観光客の増加?

日本にカジノを作るというのは、これまでの状況からすると画期的なことです。

建設に乗り出した理由としては、やはり観光客の増加が見込めるメリットにあるといえます。

勿論、海外からの渡航者が増えれば、それだけトラブルや犯罪が起こるリスクもアップしますから、その点はトレードオフでしょう。

しかし、デメリットを勘案してもメリットのほうが上回る、という具合に判断された結果がカジノ建設だと考えられます。

海外からやってきてお金を使ってもらうと、日本経済が潤ったり潤滑性が増すので、そういう意味では期待できます。

また、常に施設が利用されるようになると、その分働く人も必要になりますから、雇用促進のメリットも生まれます。

地域経済が潤う起爆剤にもなるので、経済の活性化を望む地域にとって、カジノは喉から手が出るほど欲しい魅力となり得ます。

一方では、日本国内各地の利用者も見込めることから、インフラに投資する必要性が出てきます。

結果的にインフラの整備が進み、街全体の価値がアップすることにもなるわけです。

カジノが安定的な国の収入源となれば、社会保障費の確保などにも結び付くので、日本国民全体にとって良い話となります。

当然ですが、メリットとデメリットは表裏一体の関係ですから、両方を天秤に掛けてカジノ建設の良し悪しを見極めたいところです。

PAGE TOP