世界のカジノの入場料はどの程度?日本ではいくらになりそう?

国内に公営カジノがオープンしたら、日本人客には入場料として6,000円が課せられることに与党が合意しました。

6,000円という金額は、一般的に考えれば高いと思うかもしれません。

そもそも海外では一部を除いて、ほぼ全ての国や地域が入場料は無料となっています。

例えば映画やドラマでもお馴染みのラスベガスは、外国人旅行者でもアメリカ人でも入場無料です。

世界で一番規模が大きいと言われている中国のマカオも、外国人とも自国民とも無料です。

他にはフィリピンも無料なので、基本的に世界のカジノは無料で利用できると言っても過言ではありません。

ただし日本が予定しているように、自国民にだけ入場料を課している国はあります。

自国民に入場料を課しているのは、東南アジアのシンガポールです。

シンガポールは自国民限り、8,000円の入場料を課しています。

またお隣の韓国は、一部のカジノを除き原則的に自国民の入場は禁止です。

韓国人が利用できるカジノには入場料が設けられており、金額は日本円で900円となっています。

現地との物価差を考えれば、日本のカジノに課せられる6,000円という金額は世界的に見ても高額な入場料とは言えないでしょう。

PAGE TOP