カジノを巡る最新情報、オンラインカジノは置き去り??

さて、2016年にカジノ法案(IR推進法)が成立してカジノが出来るのは間違いのない状況ですが、あれから2年、議論は一体どこまで進んでいるのでしょうか。つい先日、超党派の議員が会合を開き、政府が今国会での提出を目指す、カジノ解禁を含むIR=統合型リゾートの整備を進めるための法案を早期に成立させることで一致したようです。自民党や希望の党など超党派の議員らはカジノ解禁を含むIR実施法案について各党の党内議論などの現状説明をようやく行ったようです。会合には推進自治体である北海道、大阪、和歌山、長崎の知事らも出席し、誘致をアピールすると共に早期に区域認定することなどを求めました。早く場所決めてもらわないとそれから予算や業者の選定や大変ですからね。地方自治体としたら今後数十年の財政状況がどうなるかの瀬戸際です。今国会でやっとどこにカジノが設置されるか議論が進むかなぁといったところです。まだまだ規模や、カジノ以外にどんな施設をどれだけ設置するのか全く決まっていません。もちろん候補地の各行政はそれぞれの計画を立てているでしょうが、、、まだまだ先の長そうなカジノ建設ですが依存症対策にはすごく下らないルールが盛り込まれそうです。なんと、日本人客の入場を週3回までにする規制が盛り込まれるようです。さらに月の上限も決めるようです。月10回くらいが上限になるのでしょうか。マイナンバーカードを使って確認するみたいです。もちろんオンラインカジノについては全く議論がなされていません。カジノ解禁を気に開業を狙っていたネット企業も存在したようですが、これではまだしばらくグレーなままの状態が続きそうです。

PAGE TOP